思考能力をつけて小学校受験をする

小学校受験を考えている子供さんがいる家庭では、前もっての準備をすることによって合格率を上げることができます。前もって準備することは、日にちを確認してスケジュール管理をしていくことで、自分のやるべきことが見えてきます。子供は初めての受験になりますので、何をやったらいいのかわからないことがありますが、幼児教室などに通っているならば、先生たちに相談をして準備をすることです。小学校受験では思考能力を問われることがありますので、常に生活の中で疑問に思ったことは考える努力や、自発的に調べることで思考能力がついてきます。いつでも人任せになってしまう子供では、思考能力がついてきませんので、毎日のライフスタイルによって身につける努力をすることです。そうすることによって、小学校受験での試験に合格することができます。

小学校受験で運動テストの対策をしておく

プロスポーツ選手の中には小さいころからそのスポーツをしていた人がいます。野球選手なら小さいころからバットを振っていた、プロゴルファーもクラブを振っていたとされます。親がスポーツ選手のこともありますが必ずしもそうではありません。小学校受験の時の受験内容として運動テストと呼ばれるものがあります。これを聞くとスポーツ能力、運動神経が良くないといけないと考えるでしょう。決して高い運動能力が問われるわけではありません。普通の運動能力があるかどうかが見られます。ただしこの時に初めて行うような運動だとなかなかうまくできません。ですから事前にいろいろな運動を練習しておく必要があります。幼児教室では過去にどんな運動テストが行われたかの情報がありそれをもとに練習できるようになっています。試験当日ではその練習通り行えば問題はありません。

小学校受験対策の時期とコース開始時期

受験対策の学校などではコースが設定されています。試験日があれば逆算して1年ぐらい前からコースが始まることが多いようです。比較的合格しやすい試験などであれば半年、3箇月ぐらい前から行われるものもあります。2年計画で行われるものもあります。小学校受験対策を行ってくれる対策コースだとどれくらいから始まるかです。年長時の11月に試験があります。それに合わせてその前年の10月くらいからコースが始まることが多いです。これは試験を控えた人が受けるコースになります。では試験の対策コースのみを受ければよいかですが子供にとってはかなりハードになることもあります。ですから子供に早めに慣れさせるためにも少しでも早く教室に通うのが良いとされます。早ければそれだけ教室での生活や雰囲気がわかります。教室だと勉強をする意識を高めるのにちょうどよいです。

願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 小学校受験に向けた教育なら伸芽会におまかせ!